BUSINESS

自動車生産ラインのシーリング装置および検査用ビジョンシステムを研究開発しています。

Sealant Equipment

2K Sealing

概要

2K(二液形)シーリング方式は、主材と硬化剤の混合で常温で自然硬化する、既存の構造シーラーとして適用することができなかった異種材料の接合も可能になり、車体の生産時にも、いくつかの適用して工程移動中に発生することができる変形の防止の目的で適用されています。

工法

主材(レジン)と硬化剤(ハードナー)を適正温度の状態でポンピング、定量比ミキシング、塗布量制御、適用部位に塗布(エクストルードパターン)後、他の接合物をマッチングして、常温で接合が

適用範囲

適用範囲

材料

主材(レジン):材料特性に応じて、用途が異なり、エポキシ/ウレタン系の 樹脂からなる
硬化材(ハードナー) : 主材と定められた割合で混合がされたとき、常温で硬化を起こす触媒の役割をする

材料特性

エポキシ系:車体ライン適用可能塗装オーブン通過時の接合強度の上昇

ウレタン系:組み立てライン適用塗装オーブンを通過不可
異種材料接合可能(例)アルミ+スチール
      (例ー)カボン+スチールなど

アプリケーション

TS 2K シーリング・システム(TS-SK7000)
アプリケーション

塗布イメージ

塗布イメージ

特徴

塗布タイプ: エクストルード

塗布量 : Max. 50cc X 2EA (MAX)

吐出流量 : Max. 20cc/sec

吐出圧力 : Max. 200bar

塗布速度: Max. 700mm/sec

流量制御方式:サーボモーター体積制御

流量制御精密度: ±5%

粘度補償制御 : ±30%

パネル〜ノズルの間隔: 1.0~3.0mm

混合率: 1.00~10.00 : 1 (ユーザーパラメーター)

混合タイプ:スタティックミキサー

Top