BUSINESS

自動車生産ラインのシーリング装置および検査用ビジョンシステムを研究開発しています。

Sealant Equipment

Interior Sealing

概要

インテリアシーリングは、自動車生産ラインの各種部品溶接後、シーリング工程でPVC シーラーを自動で圧送して定量のシーラーをボディ表面に塗布するシステムで、車体溶接部位の漏水防止、防錆、防塵、防熱及び車体剛性を強化するためにシーラーを専用塗布装備で塗布した後、塗装オーブン通過時に熱硬化されて漏水防止の目的で適用される工法です。

工法

PVCシーラーを作業温度で維持して粘度を合わせた状態で、ポンピング、塗布量制御、適用部位への塗布(フラットストリーム)をした後、塗装乾燥炉で加熱硬化します。

適用イメージ

適用イメージ
適用イメージ

適用イメージ

主成分:PVC

粘度:1,300〜1,600PS

塗布温度:20〜30℃

適用時の利点

  • 自動化可能(ロボット)
  • 工法のフレキシブル化
  • ギャップ充填性の向上
  • 曲面及び段差のある部位に適用可能
  • 油面接着性に優れる
  • 制振及び防音効果に優れる
  • 塗布面積及び塗布の厚さ調節可能
Top